セミナー参加者募集時の「ねじねじ」の表記について

Posted on

いつも共感とご支援をありがとうございます。
ガッテン農法事務局よりお知らせです。

先日来、ガッテン農法セミナー主催者様には、参加者募集についての発信をして頂くときに「ねじねじ」の表記をしないでください!とお伝えしてきました。

その件について、これまで個別に回答させて頂いてまいりましたが、多数のお問合せを頂いておりますので、その意図をこちらにお知らせいたします。

一度でもセミナーを受講していただいて方には「ねじねじ」は衝撃的な体験であったことと思います。

私たち事務局のスタッフも、皆様と同じように、まだまだ「自然農法」表記だけでは、たくさんの人の心にその名前が浸透しておらず、「ねじねじ」が自然農法の入口へのシンボルの役割を果たしてくれているのだと感じております。

三浦伸章のガッテン農法は「自然農法」を世界中に広めることを目標としています。
これからの時代、自然農法による命の継承は不可欠なものです。

その自然農法を実践していく中で、土を活性化させる色々な手段のうちの一つが「ねじねじ」です。

「ねじねじ」が独り歩きし、大地からから離れ、「これさえあれば」という魔法の道具になってしまわないように…というのが三浦の願いです。

どうか「ねじねじ」を人と地球が共に歩んでいくためのスイッチとして理解してだけますように、よろしくお願いいたします。

上記をご理解いただいた上で、セミナー参加者募集時に「ねじねじ」の表記を使っていただいても大丈夫です。

使われる場合は、以下の注意書きを必ず説明分の中に記載していただくようお願いいたします。

「ねじねじ」は自然農法における土壌を活性化させる手段のひとつであって、ねじねじのみを推奨するものではありません