三浦伸章メッセージ「本式ねじねじについて」

Posted on

ねじねじについて

ねじねじには
仮ねじねじ
本ねじねじ
があると、お伝えさせてきましたし、

またブログなどで、紹介されています。

本ねじをするために
はじめに土を掘るのに
硬くて掘りくいことから
仮ねじとお伝えきました。

本ねじは
イナワラやススキを使い、

東西南北に十字に切り、

埋めることをお伝えしてきました。

この度7月をもって
本ねじを、伝えることを

一旦封印させていただきます。

稲藁がない状態だったり
ねじりかたが、難しかったり
一度聞いてもなかなか実施できずいる方

また
最初の時に出雲と伊勢の
しめ縄のことなど
説明と例えが
神ごとにとらわれる方がいらっしゃったりと。
農に携わらない方々にも浸透して、

本筋から外れそうになっていくことを危惧しています。

三浦が願っている自然農法を

日本から世界に発信させていただきたいのです。

農は土
土は地球🌏

仮ねじ、本ねじは
何が違いますかという声も、沢山あります。

仮ねじも本ねじも
同じねじねじです。

仮や本という分けかたが
惑わすようになっていただきたくない。

みなさんが
地球🌏のために
行動していただきたい願いから

封印を決めさせていただきました。

みなさまにはご理解いただき

より、多くの方が自然農法の真理に
共に近づかせていただきたいです。

よろしくお願いいたします。

 

このたびの三浦の決断により、今後のガッテン農法セミナーでは、「本式」と呼んでいたねじねじの講習は行わないことになりました。

これまで「簡易式」と呼んでいたものを、正式な「ねじねじ」として広く周知していただけるよう努める所存です。

実際に各地のセミナーでは”本ねじ”も”ねじねじ”も、また雑草で作った”草ねじ”も、効果に違いがないことを検証しております。

かといって、本式のねじねじが「無くなる」ということではありません。
ご存知の方は、もちろん必要に応じてお使い下さい。
作り方や使い方については、今後、設置される予定のインストラクターや、これまで学ばれた方々にお伝えいただくことができるよう、準備を進めてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

2020年7月
ガッテン農法セミナー事務局